• 2018年03月の記事

2018年03月の記事

【高II SGH:国際教養】〜模擬国連最終日〜

2018年03月10日(土)12:03

九州大学の学生の方を迎えての模擬国連最終日でした。
初めに、テーマ設定の理由を確認し、今までの模擬国連の流れを振り返りました。「交渉力を身につけよう!」という目標のもと、企画に参加している3年生が「具体的な選択肢を提示する」「相手の立場を想像する」などの交渉の心得を説明しました。




その後、各国の総GDPを基に、世界の教育問題を解決するために、どの国がどのくらい資金を負担するかを各国で話し合いました。同盟国同士で交渉して作成した予算案を議会で発表した後、投票によって1つの予算案を採択しました。自国に有利なように作成した予算案を同盟国が納得するように改良し、さらに議会のすべての国が納得するように改良するというステップを通して、交渉力を養いました。
最後に、先生方や学生の方からフィードバックをいただき、模擬国連の全行程を終了しました。「当事者意識と思いやりを持って」「世界の問題に取り組んでいきましょう」「模擬国連で学んだことを次に活かしていきましょう」などのアドバイスをいただきました。


  


詳細はFacebookページをご覧ください。
http://www.facebook.com/fukuokafutabasgh/


 

【高I SGH:総合学習】デザイン思考 〜選挙ビデオ最終発表〜

2018年03月10日(土)11:57

選挙啓発CM動画の最終発表でした。福岡市の方に来ていただき、各チームで制作した動画を発表しました。
最初に久保山先生が授業の目標やCM動画を見る上で意識する点を説明されました。「目的が達成されるCMかどうか?」ということ、つまり若者が「選挙に行こう!」と行動に移すCMかどうかを考えて最終的に投票をします。
未来の高齢者の方からのメッセージ、親子のやり取り、選挙に行き始めて変わった同級生、投票率の事実を伝える、など様々な工夫をしたCMが発表されました。




発表の後は福岡市の方が用意された実際の投票箱や投票用紙を使って生徒たちが投票をして、各チームで動画をどのような考えや意図で作ったのかを説明しました。「身近な人への想いや願い」「意見を言うなら選挙に行く」「無関心がどれだけ恐ろしいか」などそれぞれのチームの想いのこもったCM動画になっていました。
その後、福岡市選挙管理委員会、事務局の渡邉恭子さんに「イメージを固定しない」などの選挙啓発で気をつけていることの説明と、投票の結果発表がされました。最後は授業の振り返りを行って授業は終わりました。


   


詳細はFacebookページをご覧ください。
http://www.facebook.com/fukuokafutabasgh/