検索キーワード

過去のブログはこちら

カテゴリー

  • ホーム
  • 記事詳細
  • 理科の授業風景

記事詳細

理科の授業風景

2019年01月10日(木)17:31

 今日は、6年のGCコース(この学年は20数名)の理科の授業を見学に行きました。
その時の様子を紹介します。授業は、てこ(LEVERS)の内容で、GCコースですので、
当然英語で授業をしていました。作用点(LOAD)、支点(FULCRUM)、力点(FORCE)などは
もちろん英語でした。説明の後は、道具を使ってみんなで実験をして、実際に作用点を動かして、
どんなことを感じたかの話し合いをして、結果をもとにまとめていきました。
 授業の途中で、バトンタッチをして、日本人教師から、日本語で、てこの原理のまとめが行われました。
授業の最後には、もっと大きな道具で、実際に触って体験をする児童もいました。
 普通に英語で、子どもたちが授業の内容がわかっていることにまず驚きますし、
一方で日本語でまとめていきますので、さらに理解を深めることもできたと思います。