• 2014年の記事

2014年の記事

「雙葉NOW!」年末のご挨拶

2014年12月28日(日)12:40

生徒達の冬期補習も終了しました。
学校も年末年始の休みに入ります。
新年度の中学入試の願書受付は、1月5日(月)から1月8日(木)となっております。

この「雙葉NOW!」は、今年度も普段の生徒達の様子をお届けしようと、記事を書いてまいりました。
いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。




先の見えない世相ではありますが、福岡雙葉は職員・生徒が一体となって、よりよい学校を作ろうとこれからも努力してまいります。
「雙葉NOW!」も、来年度はより充実した内容にしたいと考えております。
年末年始の間は、しばらく休載となりますが、来年度も是非ご覧下さい。
それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

新天町にハンドベルの音色が響きました。

2014年12月26日(金)07:20

今年も本校のハンドベル部が、新天町の時計塔前でハンドベル演奏を披露しました。


演奏したのは、土曜日と日曜日。
道行く方々が足を止めます。




年末の天神にハンドベルの調べが響き渡ります。



皆さん、今年のクリスマスはどう過ごされましたか?

SGH行事:九州大学留学生とのディスカッション&クリスマスパーティー

2014年12月22日(月)18:36

本日より中3〜高3は冬休みの補習が始まりましたが、
高1は午後からSGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト行事として
九州大学の留学生をお招きして、プレゼンテーションの発表を行いました!



雙葉に在籍している留学生も参加してくれましたよ。
まずは自己紹介から。







50数名のSGHコアメンバーたちは、9のグループに分かれて途上国・先進国・世界共通の課題について
調査研究し、先月プレゼンテーションを行いました。
それらすべてを英語でプレゼンテーションができるまでに準備してきました。







彼らの母国が抱える問題についてや、
その問題についてどう思うか話し合いをすすめています。







もちろん、自分たちのプレゼンも見ていただきました!











プレゼンの内容についてさらにディスカッション。
*プレゼンの様子は11月の記事に載せておりますので省略いたします









そして、ディスカッションの内容をグループでまとめて発表し、共有することができました。







3つの会場にわかれ、今日は保護者の方もたくさん見に来ていただきました。







そのあとは、マーガリートホールへ移動してクリスマスパーティー!





ハンドベル部と合唱部にはすてきな発表をしていただきました^^





手作りのお菓子を囲んでパーティーはつづきます。





クリスマスカードのプレゼントも喜んでくれたようでした!!




中学校は奉仕の日です。

2014年12月22日(月)07:42

今日は中学奉仕活動の様子を紹介します。
毎年、2学期終業式の翌日は中学生は「奉仕の日」として、全員が奉仕活動をします。

南区にある施設には中学生20人が訪問し、一生懸命準備したそれぞれの出し物で施設の方々と交流させて頂きました。

まずは、中1です。
ハンドベルを使い、2曲のクリスマスソングを一緒に歌いました。




続いて中2です。
中2は、自分たちで作った劇で
施設の方々に笑顔をプレゼントしました。




最後は中3です。
中3は「アナと雪の女王」から「Let It Go 〜 ありのままで 〜」を一緒に歌い
ビンゴゲームを楽しみました。景品はすべて手作りです。  
短い時間でしたが、終始笑顔の絶えない貴重な時間を過ごさせていただきました。




施設の皆様方、本当にありがとうございました。

素晴らしいキャンドルサービスでした。

2014年12月20日(土)15:14

二学期終業式の日。
式に先だって行われた高校3年生によるキャンドルサービスです。

















美しい歌声は、在校生に感動を与えました。
高校生活の最後を締めくくる行事に、3年生の「思い」は様々です。

キャンドルサービス公開リハーサル

2014年12月19日(金)19:32


いよいよ明日はキャンドルサービスです。
今日は保護者の方もたくさんいらっしゃっての公開リハーサルが行われました。







本番は明日ですので少しだけお届けします。







キャンドルの炎は、自分の身を犠牲にして周囲を照らす、無償の愛の象徴。
高靴了廚い伝わってきます。





今年は青いペンライトを使った、あのディズニーの主題歌も!
さすが、大迫力でした。
こちらの様子は明日のお楽しみということにします。





学年で取り組む最後の行事です。
退場した生徒が一人、また一人と増えていって、
講堂の外では出てくる生徒を歌いながら待っています。



すでに涙ぐんでいる生徒もいましたが
明日の本番が本当に楽しみです!