• 記事一覧

記事一覧

講堂集会

2019年12月13日(金)16:33

今週、中学・高校それぞれで講堂集会が行われました。

中学の集会では、文化系・体育会系の部活動や個人の活動で受賞した生徒の表彰がありました。



また、実用英語技能検定準1級の合格者やスピーチコンテストの受賞者への表彰もありました。


高校集会では、文芸部や新聞部、合唱部、スピーチコンテストなどの表彰がありました。


また、英検1級・準1級の合格者や朝テストの成績優秀者への表彰もありました。


表彰式後、宗教部の先生と宗教委員の生徒からユニークな演出で、クリスマスに向けての心構えのお話がありました。


第2次世界大戦中に、アメリカ軍とドイツ軍の兵士たちの間で偶然起こった「クリスマス休戦」を劇風に演じ、「他者を思いやり、受け入れる心」についてお話しいただきました。




今学期も残すところあと1週間!風邪やインフルエンザなどに気を付けて、みんな元気で学期を締めくくりたいですね。

ICTを活用した授業

2019年12月12日(木)16:26

今回は、本校のICT活用している授業の様子を紹介します!

中学1年生のGCIコースのネイティブの先生の授業で、生徒が英作文している様子です。
生徒たちは英語の学習でも、iPadなどのICT機器を活用しています。



分からないことは、もちろんネイティブの先生に英語で聞きます!


中学1年生でも、タイピングで英作文もお手の物ですね!


高校生の家庭科の授業の様子です。様々な教科でICT教材を活用しています!
黒板の横には電子黒板があり、デジタルとアナログの利点を活かした授業が展開できます。



この授業では、食糧自給率やその問題を解決するために自分たちが出来る行動について、自分たちの意見をまとめています。


中学校の理科の授業での調べ学習の様子です。人体の筋肉や骨について調べています。


これからもICT教材などを積極的に活用し、生徒が主体的に学べる環境づくりを進めていきます。

クリスマスに向けて♪

2019年12月11日(水)10:00

校内は、イルミネーションをはじめ、徐々にクリスマスの装いになってきました!

中学1年生は、みんなで心に留まる聖書の御言葉を選んで書いたリースやツリーを作成しました!


12月はアドベント(待降節)の時期ですが、クラスのみんなで協力して作成したアドベントカレンダーがあちこちに展示されています。
数字の裏には、生徒1人ひとりが英語や日本語で聖書の言葉やメッセージを書いています。







各クラス、生徒たちや先生の創意工夫でクリスマスの装いになっています♪

自分の身は自分で守る!

2019年12月10日(火)09:41

今日は、中高全校で避難訓練が行われました!今回は大規模地震が発生した設定でした。

近年、毎年大規模な地震や水害の被害が連続して発生しています。
大規模な災害が起こった際は、消防やレスキューなどの公共の救援は来ない可能性があります。
その際は、自分の身は自分たちで守らなければなりません。これを「自助」といいます。

緊急速報が流れ、すぐに机の下に隠れました!



生徒の避難している様子です。しっかり落下物から頭を守ってますね!


避難してグラウンドに集合しました。1学期の避難訓練より、生徒や先生も集中して取り組めた様子でした!


ご家庭でも、子どもたちと一緒に家具が転倒しないか、どこに身を隠すか、大規模災害で公共交通機関や自宅に帰れないとき、どこに家族で集まるのかなど、一度話し合われてみてはどうでしょうか。


サイエンスキャッスル2019 in 熊本

2019年12月09日(月)16:11

SGH活動に取り組んでいる生徒6名が、先日熊本で開催されたサイエンスキャッスル2019に参加しました!

サイエンスキャッスルは、年に一度、全国4地域で開催される中高生のための学会です。



生徒たちは、日頃取り組んでいる課題研究の成果を研究者や一般の方、同年代の学生に対して、プレゼンテーションを行いました。






生徒たちは、様々な質問に対して、iPadや制作物、スケッチブックなどを活用しながら、頑張って答えていました。






また、来年もぜひチャレンジしにきたいですね!!

特別講演〜異文化理解の重要性〜

2019年12月06日(金)19:14

昨日、高校1・2年生を対象に、外務省 大臣官房/戦略的対外発信拠点室/首席事務官・国際交流基金/ジャポニスム事務局長 増田是人氏をお招きして、「異文化理解の重要性」をテーマにご講演頂きました。


ご講演では、増田さんが高校時代にフランス語に興味を持ったきっかけから始まり、フランス、ベルギー、カメルーン、マリなど多くの国々、地域でのお仕事や異文化経験をお話いただきました。







また、海外経験の中で得た外国語習得のこつや異文化理解の重要性などをお話しいただき、生徒や先生たちにとって非常に興味深く今後の取り組みの参考になりました。




ご講演後の質問の時間では、多くの生徒からの様々な質問があがりました。
「この仕事を続けようとおもった理由は?」や「日本人にかけていることは?」など、多くの問いかけにも関わらず、1つずつ丁寧にお答え頂きました。




ご講演の最後に、フランス本場仕込みのシャンソンを熱唱されました♪ 
最初は生徒も驚いていましたが、外交や国際交流の最前線で活躍されるためには、これぐらい自己表現力が必要なんだなと感じました。



これからグローバル人材として活躍する生徒たちや先生方にとって、とても有意義な時間になりました。

イルミネーション点灯式

2019年12月04日(水)18:39

今日は、学校でイルミネーション点灯式が行われました♪

放課後遅い時間でしたが、多くの生徒や先生、シスター方が参加してくれました。



中庭での吹奏楽部による演奏で、一気に雰囲気が出てきました♪


今回は、高校2年生の放送委員長の生徒が、聖書朗読をしてくれました。


合唱部によるクリスマスの歌♪ やはり、クリスマスの合唱はいいですね。


ネイティブのVan De Velde先生によるカウントダウンでツリーに明かりが灯りました!!


最後は、みんなでお祈りをして終わりました。とてもみんな和やかで、素敵な時間でした♪


大きなクリスマスツリーのイルミネーションですので、学校のそばを通った際は、ぜひ足を止めて観てみて下さい。
イルミネーション点灯時間 PM5:00〜PM10:00、 AM5:30〜7:55

12月に入りました

2019年12月03日(火)17:37

12月に入り、クリスマス(降誕祭)に向けて、校内の装飾や雰囲気もそれらしくなってきました!


毎年、各クラスに配られる馬小屋のモチーフです♪ 小さくてとてもかわいいです。


各クラスの教室では、生徒たちや担任の先生が工夫してデコレーションしています♪


中学1年生は、絵の具で描いたツリーに、生徒一人一人が世界の貧しい人々への祈りを書きこんだカードをクリスマスの装飾とともに、飾り付けています。


明日は、夕方から学校のイルミネーションの点灯式が行われます。聖書朗読や吹奏楽部の演奏、合唱部の合唱などもあります。とても楽しみです♪

ローマ教皇来日記念企画展

2019年11月29日(金)16:16

先週11月23日〜26日でローマ教皇フランシスコが来日されました。

今週、学校は期末試験だったので、試験最終日の午後にカトリック大名町教会で開かれているローマ教皇来日記念企画展に行ってきました。
(カトリック福岡司教区 主催 〜12月3日(火)まで)


今回の教皇来日のテーマは「すべてのいのちを守るため〜PROTECT ALL LIFE」です。



企画では、ローマ教皇フランシスコが教会や現代社会の様々な課題に精力的に取り組まれてきたエピソードやメッセージなどが紹介されていました。教皇の来日は、1981年の第264代教皇ヨハネ・パウロ二世以来、2度目となり、その当時の報道記事なども展示されていました。また、今回は直接解説して頂き、大変勉強になりました。


見学後は、みんなで教皇様と一緒に記念撮影!実際にお会いしてみたかったですね。


もうすぐ12月、カトリックではアドベント(待降節)に入ります。

学校では、クリスマス(主の御降誕祭)をはじめ、イルミネーション点灯式やキャンドルサービス、奉仕の日(清掃活動・街頭募金・施設訪問)などの行事が続きますが、教皇
フランシスコのように慈愛の心を持って取り組み、新たな年に向かっていきたいですね。

ICT公開授業

2019年11月27日(水)12:19

今回は、先日行われたICT公開授業および教員研修の様子をご紹介します。

現在、本校ではiPadなどのタブレットを使った授業や課外活動を行ったり、ほとんどの教室にAppleTVを導入するなど、ICT教育の環境整備・実践を進めています。

公開授業では、全生徒と全教員がタブレットを持ち、授業が展開されました。



国語の授業では、自分で物語をiPadで作り発表したり、数学ではグループワークで協力して問題を解きました。理科の授業では、タブレットを持ってフィールドワークをしたり、班ごとにプレゼンテーションしました。




教員が生徒の立場になって授業を受けるクラスもありました。生徒が主体的に興味関心をもって参加できる授業を考えながら、ICT教材の使い方や実践例を共有しました。


授業後は、教員間で振り返りを行い、今後のICT教育についても意見交換を行いました。